個人事業主カードローンおススメは?【初心者必見】

青色申告(10万円)

青色で確定申告をするとさまざまなメリットがありますが、10万円の特別控除が受けられるのも利点の一つです。10万円の特別控除とは、「税金を支払わなければいけない分から、10万円引いてあげますよ」というシステムです。つまり、ある条件を満たすと、その年の確定申告で支払わければいけない税金が安くなるというこ...

≫続きを読む

 

青色申告(65万円)

確定申告の青色申告特別控除のなかに、ある条件を満たすと65万円も収入を下げて申告ができる制度があります。条件をクリアするのが比較的大変とも言われていますが、一度挑戦してみる価値はあるでしょう。毎年のことですから、慣れてしまえば同じことのくり返しなので、気楽に取り組めます。■そもそも、青色申告特別控除...

≫続きを読む

 

外注化

従業員に給与として支払っている分を外注費として計上すると、事業主の節税になることをご存じでしょうか。「外注化」という方法です。消費税・所得税の源泉徴収分は事業主が預かって納める義務がありますが、外注費として給料を支払うとその分がパスされるので、経営者の負担が減ることになります。給料を外注費にするだけ...

≫続きを読む

 

確定拠出年金(個人型401k)

個人事業主の節税方法として、確定拠出年金(個人型401k)というものがあります。これは、国民年金の保険料が控除されるのと同じように、追加で支払った分を所得から控除しましょう、という制度です。文字通り、年金としての役割もあるので、申告するための所得は少なくなって税金は少なくなりますし、将来の保証も獲得...

≫続きを読む

 

ふるさと納税

個人事業主として事業をしている方にとって見落としがちなのが、「ふるさと納税」を使った節税です。ふるさと納税はうまく使えば、税金を納めた分だけ、土地の農産品をゲットできる可能性があるので、非常にお得です。また、ふるさと納税で納めた分のうち2,000円を超える金額は、所得税・住民税から控除されるので、少...

≫続きを読む

 

青色専従者給与

青色申告をしている個人事業主がよくやっている節税方法に、「青色専従者給与」があります。自分の配偶者(妻や夫)・親族を、給料を払って雇い入れることで、給与分を経費として計上することができます。自分の親族を雇い入れるわけですから、審査も当然厳しくなります。所轄の税務署に届け出をして、どのような形で働いて...

≫続きを読む

 

経営セーフティ共済

経営セーフティ共済は、個人事業を営んでいる方にとって、万が一の危険や資金の回収ができなかった場合に非常に役立つシステムです。毎月保険料を積み立てていれば、前積立金の10倍(最大8,000万円)までを無利子・無担保などの好条件で借り入れることができます。国が運営しているシステムでありながら、掛け金が戻...

≫続きを読む