青色申告(65万円)

青色申告の特別控除65万円を申請するためには

確定申告の青色申告特別控除のなかに、ある条件を満たすと65万円も収入を下げて申告ができる制度があります。
条件をクリアするのが比較的大変とも言われていますが、一度挑戦してみる価値はあるでしょう。毎年のことですから、慣れてしまえば同じことのくり返しなので、気楽に取り組めます。

 

■そもそも、青色申告特別控除・65万円とはどういうことか。
青色申告とは、個人で事業をしている人が支払う税金の額を決定するために行う確定申告のやり方の一つです。
税金を払う額は、(収入―経費)×税率で求められるのですが、ある条件を満たすと青色申告特別控除を利用できるようになり、収入の額を65万円も減らすことができるのです。
上の式を見てもらうと、収入の額が低くなればなるほど支払う税金の額が少なくなります。条件をクリアできれば、無駄な税金を納めなくてすむわけですね。

 

■特別控除を受けるためにやらなければならないことは何か。
青色申告特別控除を受けるためには、帳簿を正確につける必要があります。国税庁のホームページにも記載されているので、そちらも参照してみてください。
以下に、まとめてみました。

 

1、複式簿記で帳簿をつけること。
2、発生主義で帳簿をつけること。
3、貸借対照表を加えてつけること。

 

一つ目の複式簿記とは、法人会計でも使われている二つの帳簿を並行してつけるやり方です。簿記の専門知識が必要になってくるのですが、個人で申告する場合はあまり複雑につける必要はありません。
発生主義での帳簿のつけ方は、支払の日にちが確定したときに帳簿に内訳をつけるものです。支払った日ではないので注意が必要です。
また、通常提出しなければならない帳簿類にくわえて、貸借対照表という、少しややこしいものも出さなければなりません。カンタンにいうと「項目をまとめた一覧表」なのですが、これをつけるのがむずかしいと感じる人が多いようです。

関連ページ

青色申告(10万円)
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
外注化
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
確定拠出年金(個人型401k)
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
ふるさと納税
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
青色専従者給与
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
経営セーフティ共済
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。