確定拠出年金(個人型401k)

個人事業主はやってみる価値ありなのが確定拠出年金

個人事業主の節税方法として、確定拠出年金(個人型401k)というものがあります。これは、国民年金の保険料が控除されるのと同じように、追加で支払った分を所得から控除しましょう、という制度です。
文字通り、年金としての役割もあるので、申告するための所得は少なくなって税金は少なくなりますし、将来の保証も獲得できます。
なので、企業に勤めている人よりは年金で苦労しやすい個人経営の方は、やってみる価値があるといえるでしょう。

 

■国民年金の上乗せと考えるとわかりやすい。
確定拠出年金(個人型401k)と書くと、「なんだかむずかしそう…」と思ってしまいますが、実際にはそれほど難解なシステムではありません。
こう考えるとカンタンです。企業に勤める方が加入する厚生年金には、「上乗せ分として」厚生年金基金がありますよね。それと同じようなものです。
個人事業主の方の国民年金に、「上乗せ分として」、確定拠出年金(個人型401k)があると考えてください。

 

■投資信託などで支払うことができる。
確定拠出年金(個人型401k)は、ある特定の収入で得た金額でしか納めることができません。
代表的なものは、「投資信託」です。
投資信託とは、今お年寄りの世代でやっている人が多いと言われている投資のシステムです。株よりもリスクが低く、毎月一定の収入を安定して見込めるのが人気の原因です。
他には、元本確保型の預金や保険でも可能ですが、まずは投資信託を選ぶのが無難でしょう。

 

■年間最大で816,000円の控除が可能。
投資信託で得た分のうち、掛け金にできるのは、一ヶ月最大68,000円です。年間にすると、816,000円になります。この全額が控除できるので非常に嬉しいシステムです。
この機会に投資信託をして、確定拠出年金(個人型401k)を始めてみませんか。

関連ページ

青色申告(10万円)
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
青色申告(65万円)
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
外注化
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
ふるさと納税
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
青色専従者給与
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
経営セーフティ共済
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。