青色専従者給与

奥さんを従業員として登録すると節税になる?

青色申告をしている個人事業主がよくやっている節税方法に、「青色専従者給与」があります。自分の配偶者(妻や夫)・親族を、給料を払って雇い入れることで、給与分を経費として計上することができます。
自分の親族を雇い入れるわけですから、審査も当然厳しくなります。所轄の税務署に届け出をして、どのような形で働いているのかチェックされます。
また、年間の給与額を103万円以下に抑えることで、所得税・住民税を払わなくてよくなるので、一ヶ月当りの給与額には注意しましょう。

 

■自分の奥さんを従業員にして節税する。
青色専従者給与とは、自分の配偶者・親族を雇い入れて、当人の給与額を経費として計上することで節税する方法です。非常に身近な存在である家族を雇い入れた形にすることにより、節税している事業主も少なくありません。
青色申告専従者の制度を利用するには、所轄の税務署に書類を提出する必要があります。期限も定められていて、新しく雇い入れた場合には2ヶ月以内に届け出なければならないと決まっています。さまざまなルールがあるので、一度国税庁のホームページを見ておくことをおすすめします。
税務署に問い合わせて、自分の考えているやり方で大丈夫かどうか聞いてみるのも一つの手です。最近の税務署は、一昔前とは違って、職員の方が丁寧に応対してくれることが多いので、安心してたずねることができるでしょう。

 

■年間103万円以内に納めると、住民税・所得税を納めなくていい。
一年間の給与額を、103万円以内に納めると、住民税・所得税を納めなくてよくなるので、節約にもなりますし、余計な手間が省けるのでダブルでお得です。
一ヶ月当りの給与が88,000円になるので、この額を基準にして給与を設定しましょう。

関連ページ

青色申告(10万円)
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
青色申告(65万円)
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
外注化
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
確定拠出年金(個人型401k)
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
ふるさと納税
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
経営セーフティ共済
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。