個人事業主と経費

個人事業主と経費記事一覧

経費で落とせるもの:食事代

個人事業主にとって、出費のどこまでが経費として認められるのかは大きな問題です。食事代がどこまで経費として認められるかということですが、これには経費として認められるものの基本的な考え方を抑えておく必要があります。それは、事業を営むために必要な支出は経費として認められるが、そうではない支出は認められない...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:書籍、新聞費

書籍、新聞費についての経費で落とせる範囲ですが、とうぜんながら事業の内容に必要なものに限られます。逆にいえば営業に必要なものであれば本に書かれている内容そのものには制限がなく、マンガ本や趣味のための雑誌なども認められるケースがあります。新聞についてですが、自宅で購読するための一般紙を計上することは、...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:家賃

家賃は経費で落ちますが少し注意と確認が必要です。例えば、賃貸マンションに住んでいて、そのマンションの一室を仕事のために使っているような場合ですが、このときに家賃の全額を経費として計上することはできません。普段の暮らしに使う支出は事業としての経費にはならないからです。では、どのようにするのかというと、...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:サーバー代、アクセスアップサービス

サーバー代やアクセスアップにかかる支出についても経費として計上します。インターネットを利用した情報発信は現代の個人事業主にとっては欠かせないものですね。サーバーを自分の事務所内に設置して運用するということは、特殊で専門的なお仕事をする場合をのぞいてはほとんど無いと思われます。一般的にはホスティングサ...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:パソコン、ソフト、備品購入

パソコンやパソコン用のソフトウェア、その他の備品などを購入した場合の支出についても経費として計上できます。もちろん、事業として必要な仕事の道具として買った場合に限られますが、経費になるということ自体は比較的に分かりやすいことですね。ただし、簿記の処理としてどのように帳簿に記載するのか、あるいは金額に...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:自動車税、車検、駐車場代

都市部で個人事業を営んでいれば必要ない場合もありますが、自動車に関係する出費は額も大きいですが意外と種類が多いものです。その中で、定期的にやってくるのが、自動車税や車検代、月ごとになら駐車場代などがあります。もちろん、それぞれ事業に必要な出費については経費として落とせます。自動車に関する税金を収めた...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:会議費

簿記の勘定科目には会議費というものがあり、その名前のとおりに会議や打ち合わせに関して支出した場合に使います。自分の自宅や事務所内で行えばもちろん費用はかかりませんが、貸し会議室のようなところを利用したり、喫茶店などの飲食店を使うこともあると思います。このような場合には、会議室の使用料や飲食代も会議費...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:広告宣伝費(名刺・広告)

知人の紹介やクチコミで顧客を得られるケースもありますが、事業を営んでいれば広告や宣伝が必要になってくることも多いですね。簿記上の分類ではその名前のとおりに広告宣伝費という勘定科目で経費として計上します。これに分類されるものをいくつか見てみましょう。名刺の制作費はどの科目に分類するのか迷う人も多いよう...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:家族への給料

家族に個人事業主が給料を支払う場合にはそれを経費として計上するときに一定のルールがあります。これがなければ税金を逃れるために悪用されかねません。そうならないように、認められる場合についてのきちんとした基準が決められています。もちろん、赤の他人を雇って給料を支払った場合には、全額が経費として落とせます...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:交際費

交際費について、個人事業と法人との違いでよく言われることとして、法人の場合には経費として認められる制限があるが、個人事業であれば制限がない、ということがあります。だからといって事業主が何でもかんでも計上していては税務調査が入ったときに言い訳のしようもなくなってしまいますが、ちゃんとした目的で適正な金...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:荷物家賃

事業を営んでいるとさまざまなものが備品として増えていき、処分することも出来ずに貸し倉庫やレンタルトランクルームを使用することがあります。また、店舗に並べきれない商品を保管したり、通信販売業用の商品を置いておくための貸しスペースの利用なども考えられます。倉庫やトランクルームを借りることで支払う費用は、...

≫続きを読む

 

屋号を付ける注意点

屋号とは、広い意味では所帯ごとのニックネームや古典芸能の家を示す称号としても使われますが、ここでは個人事業主が事業を営むにあたって名乗る名称のこととして説明をします。法人登記をしていないお店の名前のようなものですね。法人としての登記はしませんが、税務署に提出する個人事業の開業届には記入欄があり、領収...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:交通費、ガソリン代

交通費やガソリン代を支払った場合には旅費交通費という勘定科目で帳簿に記載します。ただし、ガソリン代は車両費や消耗品費、あるいは専用の燃料費として計上することもあるようです。どの科目を使うのかは事業主の都合によるので、どれを使うべきということはありません。飲食店などのお店をかまえて事業を営んでいる場合...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:インターネット接続代、電話代

インターネット接続代や電話代も事業に必要として使う分は経費になり、勘定科目としては通信費というものが該当します。通信費には他に郵便切手代やハガキ代も含まれるので、費用の管理においてはそれぞれ別に分かるように細分化項目や備考欄などの利用をしたほうがいいかもしれません。インターネットを利用する際には通信...

≫続きを読む

 

経費で落とせるもの:電気代

電気代ももちろん事業に必要として使う分は経費として認められ、光熱費として計上することになります。エアコン、証明、通信機器の使用のほかにも事務所で使う家電品など、電気を使わないで営業することはほとんどありません。伝熱機器を使う飲食店などでは、普通の家庭とは比べ物にならないくらいの金額が必要になったりま...

≫続きを読む