経費で落とせるもの:食事代

食事代

個人事業主にとって、出費のどこまでが経費として認められるのかは大きな問題です。食事代がどこまで経費として認められるかということですが、これには経費として認められるものの基本的な考え方を抑えておく必要があります。それは、事業を営むために必要な支出は経費として認められるが、そうではない支出は認められないというものです。当たり前といえば当たり前ですね。

 

例えば、営業日に食べる昼食ですが、これは営業をしているといないとに関わらず発生する支払いなので、経費としては認められません。しかし、事業に必要な食事であると考えられるものは計上できるのです。

 

例えば、飲食店を経営している人であれば、勉強のために他の飲食店で食べたものの食事代は経費になりますし、既存のクライアントさんや見込みの顧客との食事代も、通常の営業活動の一環として評価できるので計上できます。少しずるい方法ですが、ひとりでお昼を食べたのではいけませんが、取引相手の方を呼び出して一緒に食事をして領収書を発行してもらえば、食事代と認められることになります。このときに、領収書の裏には取引先名や打ち合わせであったことなどのメモを残しておけば、税務署でチェックをされたときにも安心です。出張先のホテルの宿泊代に食事の分が含まれている場合は、結果的に飲食に関する部分も控除の対象になります。

 

仕事で必要なセミナーに参加したりすると、その後の懇親会や交流会に参加することもありますね。こういうときに領収書がもらえない場合があるのですが、自分で出金伝票を発行して処理することも可能です。税務署でチェックされることもあるので、セミナーのチラシや案内状などに、費用の発生する懇親会がある旨が書かれたものを添付しておければベターです。