経費で落とせるもの:家賃

家賃

家賃は経費で落ちますが少し注意と確認が必要です。例えば、賃貸マンションに住んでいて、そのマンションの一室を仕事のために使っているような場合ですが、このときに家賃の全額を経費として計上することはできません。普段の暮らしに使う支出は事業としての経費にはならないからです。では、どのようにするのかというと、家事按分(あんぶん)という方法で事業用の経費とプライベートのための支出とに分割をするのです。仮に、100平米の家賃が10万円の賃貸マンションに住んでいて、その中の一室である20平米の部屋を事業用に使用しているとすると、事業用空間の専有割合である20%を家賃に掛けた金額である2万円が事業用の家賃として計上できるということになります。

 

なお、生活のための物件でそのまま仕事をしている場合などのように、専用の空間を設けていないケースでは、業務に当たっている時間の割合によって按分(あんぶん)を算出することになります。ただ、フリーランスとして仕事をしていると、仕事をしている時間の長さにムラがあるという人もいるかと思います。この場合には、おおよその時間を算出して、それによって割合を計算することになります。微妙に考えづらい場合には税務署や税理士さんなどに相談したほうがいいでしょう。

 

按分(あんぶん)の計算は会計ソフトを使えば簡単にできます。事前に勘定科目ごとに割合を設定しておき、通常の経費計上では全額を入力しておきます。確定申告の処理をするときにソフトが自動で計算して書類を作成してくれます。

 

家賃が発生する事務所や店舗を事業のために家庭とは別に借りているケースでは、とうぜんその全額を経費として計上します。