経費で落とせるもの:パソコン、ソフト、備品購入

パソコン、ソフト、備品購入

パソコンやパソコン用のソフトウェア、その他の備品などを購入した場合の支出についても経費として計上できます。もちろん、事業として必要な仕事の道具として買った場合に限られますが、経費になるということ自体は比較的に分かりやすいことですね。ただし、簿記の処理としてどのように帳簿に記載するのか、あるいは金額によっては経費としての落とし方に注意が必要となるケースがあります。

 

事務所や事業所で使ういろいろな道具類は消耗品費または備品費という勘定科目に分類して処理をします。この2つの違いは微妙なので事業主さんごとの事情で使い分けているようですが、ボールペンやプリンターのインクなどのようにまさに消耗していくものと、電話機や収納ボックスのように古くはなるけれどもしばらくは同じ形を保って使えるものとに分けて考えればいいです。

 

備品を買ったときに注意するのは金額についてです。10万円未満であれば備品費として全額をそのときの経費として落とせます。しかし、10万円以上になると経費ではなく固定資産に計上したうえで、何年間かにわけて減価償却という形で経費にしていくことになります。最近のパソコンは10万円を切る価格で売っていることも珍しくありませんが、高スペックマシンが必要になった場合などには注意しましょう。ただ、少額減価償却資産制度というものがあり、10万円以上の備品であっても30万円未満であれば一括して最初の年の経費にできる場合があります。青色申告をしている個人事業主であればほとんどが該当するので確認してみましょう。

 

パソコンで使うソフトウェアについては、長く使えるものなので原則として無形固定資産という資産に計上するのですが、これも上に書いたような10万円未満あるいは30万円未満であれば備品費などの経費として記帳して問題ありません。