屋号を付ける注意点

屋号を付ける注意することは?

屋号とは、広い意味では所帯ごとのニックネームや古典芸能の家を示す称号としても使われますが、ここでは個人事業主が事業を営むにあたって名乗る名称のこととして説明をします。法人登記をしていないお店の名前のようなものですね。法人としての登記はしませんが、税務署に提出する個人事業の開業届には記入欄があり、領収書の宛名や発行元、銀行の預金口座の名義として使用することもあります。取引相手によっては個人名を好まないケースもあるので、必ず存在する個人名とあわせて持っていた方がよいでしょう。

 

屋号は開業届に記載することになるので、事業を開始する前に考えておきましょう。基本的にはどんな名称をつけてもよいのですが、法的な観点や営業面からいくつかの注意が必要です。

 

まず、似たような名前を名乗っている他の事業者がいないかどうかや、他者の登録商標を侵害していないかということを確認します。地域的な商売であれば地域に似たような名前のお店がないかどうかを調べましょう。登録商標については特許庁のホームページで検索できるサービスがあるので確認をして、早い者勝ちの原則にしたがって既に登録があれば他のものを考えます。

 

営業面で考えた時には、文字としての見やすさや発音のしやすさ、どんな事業を行っているのかが分かりやすいものが望ましいです。見やすさや発音のしやすさは覚えてもらいやすいということにつながりますし、発音が分かりやすいと電話などで名乗ったときに認識をしてもらいやすくもなります。事業の内容にもよつのですが「◯◯酒店」のようにはっきりと何のお店なのかが分かる屋号であれば、相手に説明する手間もはぶけて便利だといえます。

 

現代ではインターネットの利用も当たり前ですが、あらかじめ取得できるドメイン名を調べておいて屋号と連動しておくのもよいでしょう。