お金の管理方法:仕事用と個人用の口座を分ける

お金の管理方法:仕事用と個人用の口座を分ける

現代においては、お金を受け取るときや支払いをするときに銀行口座を利用することが多くあります。ビジネスモデルによっては、商売上の取引で現金をやりとりすることが全く無い場合も少なくありません。それは個人事業であっても同じことであり、そのために、銀行に口座を用意しておくことが必須であっても不思議ではないです。支払いのためであっても受取りのためであっても必要になりますし、現金商売であっても金庫代わりに使うこともあるので、事業を開始する際には適当な金融機関で口座を開設しましょう。

 

銀行口座を利用するときの注意として、仕事のために使うものとプライベートで使うものを必ず分けておくということがあります。それぞれ別のものを用意するということです。そもそも、個人であっても事業を営む者は、事業用の現金預金を個人用とは分けることが求められていて、帳簿には事業用のものだけが記載されていくことになっています。さらに、通帳に記載されるお金の出し入れを考えると、プライベートのものが業務上の出し入れと混在しているのは管理がしづらくなって良くありません。管理できない状態はどんぶり勘定のだらしない経営に繋がるので避けたいところです。

 

個人事業主は屋号を持っていることが多く、商売上の都合としては口座名義に屋号を使いたいところです。しかし、銀行によっては屋号名義で開設できないところもあり、可能であったとしても個人名も付加しなくてはいけないこともあります。ゆうちょ銀行では屋号のみの口座が作れますが、取引先によって好まれる金融機関が違ったりもするので、それぞれに問い合せてベターな選択をしましょう。講師業などの一部の業種では、逆に個人名のみの口座を求められることもあります。