個人事業主Q&A

廃業するには

個人事業主を廃業する際には税務署に行って開業する際に記入した個人事業の開業・廃業等届出書に必要事項を記入します。個人事業の開業手続きと同様に廃業する時も簡単に行うことができます。違うところと言えば届出の区分「廃業」欄に〇を付けて、その事由を記入するところと、廃業日を記入するところです。廃業日について...

≫続きを読む

 

アルバイトを雇える?

個人事業主という形態であってもアルバイトなどの従業員を雇うことができるかどうか気になるところです。結論としては雇うことができます。個人事業主であっても事業が大きくなってきたらたった一人で業務をこなすことは困難になってきますので、そういう場合はアルバイトでもいいですから従業員を雇うようにするとさらなる...

≫続きを読む

 

開業の手順

個人事業主として起業するのであれば、税務署に行って個人事業の開業・廃業等届出書に必要事項を記入します。必要事項を記入するに当たりあらかじめ決めておかないといけないのが、屋号や開業日、事業概要、青色申告するかどうかです。屋号とは会社名やお店の名称に当たるところです。銀行口座や名刺、領収書、契約書に至る...

≫続きを読む

 

開業資金の準備は?

起業するための開業資金をどうやって準備するかというのは起業を成功させるために必要なことです。起業するときにどのくらいかかりそうなのかをあらかじめ見積もったうえで起業準備に取り掛からないといけないです。ただ、すべて自己資金だけで賄える人はそれほど多くないでしょう。開業資金の集め方としては自分で貯金して...

≫続きを読む

 

資金繰りに困ったら

個人事業主であれば資金繰りの悩みが常に付きまといます。個人事業主であれば資金繰りが悪くなったら本人がその負担を背負わなければいけないわけです。赤字がずっと続いていくと廃業に追い込まれるだけでなく、借金についても返済しないといけなくなります。資金繰りが困る原因というのは大まかに言って2つに分けられます...

≫続きを読む

 

個人と法人の違い

起業するとしたら個人事業主になるか法人を設立するかという選択肢があります。どちらも一長一短ありますので、今回は個人事業主と法人の違いについてそれぞれのメリットを中心に紹介していきます。個人事業主のメリットの1つ目は簡単に設立することができる点です。税務署に届けを出すだけで個人事業主として働くことがで...

≫続きを読む

 

リスクについて

サラリーマンとして働くよりも個人事業主として起業するとなるとさまざまなリスクが付きまといます。リスクがあるのは確かなのですが、普段からどうやってそれに対処するかということを考えることにより軽減させることができます。順風満帆な時こそリスクに対処できるようにしておくことで、何かあった時に困らなくて済みま...

≫続きを読む

 

海外で起業したい

海外で起業したいという人もいるかもしれませんが、一般的には日本で起業するよりは手続きが簡単で済むことが多いです。ただ、そのようにできるかどうかは起業をしたいと思っている国のことを知らないといけないことは間違いありません。海外で起業をしたいのであればまず現地のことを知ることです。日本にいるときに現地の...

≫続きを読む

 

資金0円で開業できる?

開業にかかる資金というのはなるべくあったほうが何かと都合がいいわけですが、例えば資金0円でも開業できるでしょうか?個人事業主は会社設立と違って登記をする必要がありませんのでそのための資金は全然要りません。税務署に対して個人事業の開業・廃業等届出書を提出すれば個人事業主として仕事をすることができます。...

≫続きを読む

 

住所変更する場合はどうすればいい?

個人事業主が何らかの理由により引越しをして居住地や事務所を変更する場合には、税務署に所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書という書類を提出しないといけません。届出書の提出を怠ることにより消費税法第25条や所得税法第20条違反になってしまいますので、忘れずに早めに手続きを行いましょう。どこに提出す...

≫続きを読む