開業資金の準備は?

貯金や友人・金融機関から借りる

起業するための開業資金をどうやって準備するかというのは起業を成功させるために必要なことです。起業するときにどのくらいかかりそうなのかをあらかじめ見積もったうえで起業準備に取り掛からないといけないです。ただ、すべて自己資金だけで賄える人はそれほど多くないでしょう。

 

開業資金の集め方としては自分で貯金して貯めるか、友人などから借りるか、金融機関から借金してでも借りるかの3つになります。自分で目的をもって何万円貯めるかという計画を立てたうえで、実際にお金が貯まってから起業する方が一番いいでしょう。ある程度自己資金を確保した上で必要であればお金を借りるというようなスタンスで臨むといいでしょう。

 

起業がしたいのであれば借金してでもやったほうが後に後悔することは少ないです。借金をするとしても友人から借りるというのはやはり難しいことですし、そう簡単に貸してくれる人がいないというのが現状です。そこで思いつくのが金融機関から融資してもらうということです。

 

金融機関から融資を受けるというのは難しいことです。いきなり貸してくださいと言ってもそう簡単に融資が受けられるわけではありません。融資を受けるとなると自己資金がどのくらいあるかということがポイントになります。融資を受ける際の条件に融資限度額は自己資金の範囲内とか開業資金の1/3以上の自己資金がある人などの記載があります。

 

民間の銀行や信用金庫などに行ったとしても融資が断られる可能性が高いかもしれませんが、国民生活金融公庫や地方自治体の制度融資(信用保証協会が借り手の信用を保証して融資を受けるもの)であれば開業資金を融資してもらえる可能性がまだ高いでしょう。