ローン返済:任意整理をする

ローン返済:任意整理をする

借金の返済に苦しむ度合いがひどくなると、民事再生によって借入金額を大幅に減らしたり、自己破産という手続きで返済を不要するということを考える人もいるかと思います。どうしても事業による収益が増やせずに、普段の生活にも困るような返済を抱えていては健全な人生とはいえませんから、それが認められる状況になってしまったのであれば仕方のないことです。しかし、これらの手続きには裁判所から認めてもらうことが必要で、実施の後にいくつかの制限を受けることも知っておかなくてはいけません。そこまで行く手前で考えられるのが任意整理という手続きです。

 

任意整理とは、いわゆるグレーゾーン金利の部分について引き直し計算というものを行って減額をし、かつ、これからの金利をすべて無くした元本のみを返済していくことにする手続きで、これには裁判所の許可などは不要です。では、何をもってこの手続が成立するのかといえば、借入先の金融機関と、この手続きの代行を依頼する弁護士や司法書士などとの交渉によってです。元々の借入額についてはきちんと返済していかなくてはいけませんが、これまでの金利が減額させることと、将来の金利が無くなることで、支払いの総額は大幅に減らすことになり、月々の返済額も生活に支障のない範囲に設定できる可能性が高いです。

 

ただ、任意整理には、借金の全額を免除されるわけではないということの他にもデメリットがあります。裁判所の手続きは必要ありませんが、信用情報機関には任意整理の事実が登録されます。これによって、5年間ていどは新しい借金をすることも出来ず、クレジットカードやローンの利用にも制限が生まれます。返済が難しくなったときに最初に検討すれば良いものではありますが、この点についても考えておくことが必要です。

関連ページ

小規模企業共済とは?(メリット、加入条件)
カードローンはどんな人なら借りやすいの?
商工会議所を利用するメリット
審査に受かりにくい人
ローン返済:エクセルで管理する
ローン返済:繰上げ返済を利用する
ローン返済:おまとめローンでまとめて返済
上手な活用方法
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
限度額を増額するには
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
審査時に聞かれること
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。