上手な活用方法

上手な活用方法

事業に使う現金が必要になるという理由とカードローンを利用したいという人もいるのではないでしょうか。できるのであれば銀行や地方自治体などで安く借りるのが一番いいですが、切羽詰まった状況になると多少金利が高くてもカードローンを利用したほうが何かと都合がいい場合があります。

 

カードローンを使う利点というのは一回審査に通ってカードを持つことができれば、利用限度額内ならいつでもお金を引き出すことができます。一回お金を借りて完済すれば融資のための審査を再び受けることなくカードによって利用限度枠内なら何度でもお金を引き出すことができます。

 

カードローンで借りたお金というのは債務に当たりますので、必ず返済しないといけないです。一括で返済することはありませんが、毎月一定額ずつ返済していきます。利息というのは返済期間が長くなれば長くなるほどかかってきますので、繰り上げ返済などを利用してなるべく元金を減らすようにしましょう。

 

個人事業主になるとカードローンを利用することにより発生した利息については経費として計上できます。利息はすぐに返済するのであればそれほど大きなことにはならないかもしれませんが、完済まで長くなるとなると大きな影響が出てきます。経費として計上できるということは節税にもつながっていきます。

 

ただし、カードローンの使途については注意したほうがいいです。一般的にカードローンは事業用途に使えないものが多くなっています。事業用途として使えないカードローンで事業用途として使ってしまうと規約違反になります。事業用途として使いたいのであれば事業用途として使えるカードローンを申し込むか、個人事業主を対象にしたビジネスローンを申し込むかのどちらかとなります。

関連ページ

小規模企業共済とは?(メリット、加入条件)
カードローンはどんな人なら借りやすいの?
商工会議所を利用するメリット
審査に受かりにくい人
ローン返済:エクセルで管理する
ローン返済:繰上げ返済を利用する
ローン返済:おまとめローンでまとめて返済
ローン返済:任意整理をする
限度額を増額するには
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
審査時に聞かれること
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。