審査時に聞かれること

審査時に聞かれること

個人事業主がカードローンに申し込むとなると何か影響が出るのでしょうか。そもそもカードローンを普通に作れるかどうかが不安に思っているかもしれません。こういうサービスというのは基本的に担保を取らないですし、保証人を立てる必要もないわけですから、業者にとってものすごくリスクを背負うサービスなわけです。お金を貸すとなると返済してくれるかどうかどうしても不安になるわけです。

 

結論から言うと、個人事業主であっても普通にカードローンを作ることはできます。ただし、サラリーマンに比べると不利に感じるところはあります。なぜならば、サラリーマンは基本的に辞めなければ月々の収入が安定しているから申込書と提出する書類を提示さえすればある程度返済してくれるかどうかが分かるわけですが、個人事業主は月々の収入が安定していませんし、もしかしたら収入が途絶えるという可能性すらあるからです。

 

個人事業主がカードローンを申し込むときに一番問われるのが収入のことです。個人事業主は会社という分かりやすい目安がありませんので、自分がどのくらい稼いだかという証明が必要になってきます。年収に関わらず収入を証明する書類(源泉徴収票や収入証明書、確定申告書など)が必要になってきます。収入面の不安さえ払しょくされればサラリーマンと同じようにカードローンの審査は通る可能性が高くなります。

 

その次に問われるのは社会的信用があるかどうかです。今まで金融事故を起こしたことがあるかどうかは個人信用情報機関にアクセスすればわかりますので、審査の時に一番にチェックされるところです。それだけでなく他社借入状況などもチェックされます。ここで問題があれば収入が高くても審査に通ることがないもしくは希望額よりも減額される可能性が高くなります。

関連ページ

小規模企業共済とは?(メリット、加入条件)
カードローンはどんな人なら借りやすいの?
商工会議所を利用するメリット
審査に受かりにくい人
ローン返済:エクセルで管理する
ローン返済:繰上げ返済を利用する
ローン返済:おまとめローンでまとめて返済
ローン返済:任意整理をする
上手な活用方法
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。
限度額を増額するには
資金繰りでお悩みの方は、個人事業主カードローンがおススメ。即日振り込みも可能でプライベートにも使える心強い一枚です。