webデザイナー

インターネット上のwebサイトのデザインを行うこと

webデザイナーとはwebページのデザインを行う仕事なわけですが、単にデザイン的に見栄えがいいものを作るのではなく、そのページの目的やコンセプトに合ったデザインを作成することこそが重要です。webデザイナーは全く資格が必要ありませんし学歴も必要ありませんが、デザインを実現するための技術力が必要となります。
webページのデザインにはイラストレーターやフォトショップ、ファイヤーワークスなどのグラフィックスソフトを使用します。

 

デザインが終了した段階では単なる画像データに過ぎないので、このままではwebページにはなりません。画像データをドリームウイーバーなどのソフトを使ってHTMLやCSSにすることによりwebページが作られます。
最近はプログラムについてはwebプログラマーが担当するのですが、webデザイナーであってもブラウザ側で動作するタイプのプログラムであれば携わることがあります。その他に、アニメーションなどの視覚的なデザインを行うのであればフラッシュが使えた方がいいでしょう。

 

webデザイナーは独立しやすい職業の一つです。どこかの会社で勤めている人も多いですが、完全にフリーで活躍しているwebデザイナーも多くいます。独立するとなると必要なソフトさえ揃えれば店舗や在庫が必要ではありませんし、原材料費が必要でもありません。デザインができる能力が高いwebデザイナーであれば独立することによって仕事の幅が広がってきます。

 

webデザイナーには無限の可能性があるでしょう。国内外のさまざまなwebページを見ると感心させられるようなものがあると思います。その時にどうしたらいいのかを調べて実際にやってみることによってデザイン力が上がってきます。