ネイルサロン

爪を美しく見せるためのスペシャリスト

人の爪を美しく見せるためのスペシャリストのことをネイリストと言い、ネイリストが働く場所のことをネイルサロンと言います。ネイリストの仕事というと爪にいろいろなデザインを施すネイルアートが主だと思われがちですが、すべての基本となるのはネイルケアです。

 

施術をする際にはまずお客様の要望を聞いて、それに合ったものを提供していきます。もしかするとイメージが固まっていないお客さまもいますので、そういう人にはうまく会話の中から引き出してあげるようにします。相手をリラックスさせるようなコニュニケーション能力と接客能力があればいいネイリストとして評判が上がるでしょう。

 

ネイルケアとはブラシやニッパーなどを使って爪の手入れを行うことを言いますが、細かく見てみると爪の形を整えるファイリングや爪を磨くバフィング、甘皮を処理するキューティクルケアなどがあります。ネイルアートなどをしようとしても爪そのもののケアがされていないとその美しさが半減してしまうし、爪がより傷んでしまいますので、爪をきれいに見せるためにもネイルケアをしっかりとしておかないといけないわけです。

 

ネイルアートとはつけ爪や爪自体にカラーやストーンなどの装飾を行うことです。ファッションと同様にネイルのトレンドも時代とともに移り変わっていきますので、お客様が求めるものを提供するためにも日々学習していく姿勢が求められます。

 

ネイリストは他の職業に比べると大きな資金が必要ありませんし、最低限の施術スペースとネイル道具などがあればマンションの一室をネイルサロンとして営業することができます。そういう意味では独立開業がしやすい職業に当たります。最近はネイリストになろうとする人が増えてきているので、ネイリスト育成のための講師になるという選択肢もあります。