個人事業主と税金:所得税

個人事業主と税金:所得税

所得税は、個人事業主だけが払っているわけではありませんが、サラリーマンであればほとんどのケースで会社が本人に代わって支払いをしており、やはり事業を行うことによって意識しなければいけなくなる大切な税金です。保有している資産に掛かるのが固定資産税で、お金を出費するときに掛かるのが消費税です。では、所得税は何に対して課税されるのかといえば、入ってくるお金、つまり収入に対してです。簡単にいえば「儲かったら収める税金」だといえます。日本では累進課税という手法が採用されていて、所得の額が大きくなるほど、税率がアップしていくようになっています。

 

では、あまり儲からなかったら払わなくてもいいのかといえばそう簡単ではありません。法人であれば社長の給料も会社の経費となるので、会社全体として赤字になっても社長はちゃんと収入を得ているということがあります。ところが個人事業主は自分の給料を経費としては認めてもらえないので、赤字になるということは、貯金を切り崩しているということであり、基本的には所得税を収められる状態にまで収入があることが望ましいでしょう。所得税を収めるまでもない程度の稼ぎしかないのであれば、その事業の継続は難しいはずです。

 

所得税は名前のとおり「所得」に課税されるものですが、この所得とは収入をそのまま言うものではなく、入ってきたお金から必要な経費の諸々を引いた損益があり、さらにそこからいくつかの控除を差し引いたものになります。控除の対象にはさまざまなものがありますが、個人事業主として一番に気になる青色申告特別控除の他にも、医療費控除や社会保険料控除、生命保険料控除などのように生活を安定させるために必要なものが課税対象から除外されるような仕組みです。これらは制度として認められたものですから、きちんと把握をして申告をしましょう。